美に執着

体重測定する女性

紀元前エジプトの女王クレオパトラもエステティックという美容を好んでいたと言われています。女王クレオパトラはバラの花を好み、バラのアロマオイルを使ったマッサージをしたり、バラの花を浮かべたバラ風呂に入浴したりして美しさを保っていたそうです。クレオパトラは美容エステを生み出した歴史上の人物と言えます。 そして18世紀になるとフランスで世界で初めてエステサロンという美容サービスを専門的に提供するお店ができました。その時代に生きていたフランス王妃マリー・アントワネットもまた美に執着し、莫大なお金をかけていた歴史上の人物として有名です。マリー・アントワネットもエステサロンを利用して美を磨いていたそうです。

日本には明治にエステサロンが輸入され、戦後になるといっきに普及しました。今は全国各地に広まり、どこに行ってもエステがあるほど浸透しています。 普及し始めたころは裕福な人達だけにしか需要がありませんでしたが、今は庶民でも利用できるほど格安なエステサロンも沢山あります。初めての人でも利用しやすいように初回は価格を抑えているサロンがほとんどです。 そして情報化社会になったことにより、口コミを頼りにエステサロンを選ぶ人が多くなっています。評判のいいエステサロンは人気になり、評判が悪くなると人気がなくなります。そうした状況もあり、多くのエステサロンではリピーターを増やすためにリーズナブルで高品質なサービスを提供して営業していく時代になってきています。